HOMEpagetop

  • TOP
    • 見学会・イベント・セミナーのニュース
    • お知らせ
    • メディア掲載
    • コラム
  • MESSAGEはじめての方へ
    • 光と風設計社の想い
    • 家づくりのご案内
  • LINEUPサービスラインナップ
    • 新築住宅を建てる
    • 規格住宅を建てる
    • リフォーム・リノベーションしたい
    • ”家具雑貨が欲しい
  • ALUBUM施工実例
  • 光と風家づくり学校
  • CONTENTS取り組み
    • 光と風家づくり学校
    • スタッフブログ
    • 暮らしサポート
  • VOICEオーナー様の声

ABOUT USACCESS

  • 週末いえづくり相談会
  • 間取りのすすめ
  • 見学会・イベント体験
  • モデルハウスのご案内
  • お問い合わせ
  • 採用のご案内

FACEBOOKInstagram

TOP > COLUMN

2016.01.12 Tuesday

ただの物入れじゃない、 便利で楽しい収納集めました

10_007_10_ueno-thumb-690xauto-593-thumb-690xauto-2396.jpg
とっても地味だけど、暮らしに無くてはならぬもの―。
それが「収納」。現代の住宅では、便利なことはもちろんですが、
住まう人たちが思い思いに使える自由な収納が増えています。
そこでただの荷物入れじゃない、楽しい収納スペースを集めてみました。




アートギャラリーのような収納

10_001_007大六天の家-thumb-690xauto-1500-thumb-690xauto-2190.jpg
納める荷物さえ画になりそうなブリティッシュ風の収納スペースです。
かなり収納力もありますが、これほど広くスペースをとっていると、モノの出し入れがとっても楽に。
大胆でシンプルな構造に見えますが、使い勝手もしっかり考慮して作った収納です。




アトラクションのような収納

10_002_kasai_09-thumb-690xauto-263-thumb-690xauto-2805.jpg
ロフトへ続く階段ですが、周りのデットスペースを見逃さず収納をIN。
どんなスペースも無駄なく使えるよう考慮した設計です。
小さなドアや奥まったスペースを見るとワクワクしてくる方もいらっしゃると思います。
そう、パークランドのアトラクションを目の前にしたような気持ちですよね。
収納力だけではなく、どきどきワクワクを感じられる収納スペースに仕立てました。




何も隠さない、オープン収納

10_003_0010下荻原の家-thumb-690xauto-1421-thumb-690xauto-2213.jpg
床から天井まで伸びる迫力の収納。大容量なのは見て分かる通り。
加えてパッと見で必要なものがどこにあるかわかるから、出し入れの苦労はありません。
現代の収納は、「隠すもの」という概念から解放されつつありますよ。




生活の一連に収納がある家

10_004_bjkdr_010-thumb-690xauto-750-thumb-690xauto-2730.jpg
大きな収納・手洗いが揃ったスペースから見えるのは開放的なキッチン。
なにかと生活用品が増えるキッチンと手洗いの間に大容量の収納があれば、生活はよりスムーズになります。
暮らす方の生活動線を考慮して、より使いやすい場所に設置するのが良い収納配置のポイントです。




キッチンの鉄板、壁面収納はデザインがポイント

10_006_hirose_009-thumb-690xauto-304-thumb-690xauto-2639.jpg
キッチン周りの大容量収納の鉄板といえばやはりこの壁一面スタイル。
透過性のあるガラス戸なら圧迫感もまったくなく、使いやすく、美しく、さすがの収納力を持っています。




位置やサイズによって多彩な役割を担うのが現代の収納

10_005_桜休場_0001-thumb-690xauto-1691-thumb-690xauto-2173.jpg
オープンスタイルの収納とクローズスタイルの収納は暮らす方のライフスタイルに応じて配置やサイズ感などを考慮。
例えば適度に奥まった場所にオープンスタイルの収納を配置すれば、センスの感じられるカフェ風インテリアも楽しめます。




収納機能を設ければドアもこんなに楽しくなります

10_007_10_ueno-thumb-690xauto-593-thumb-690xauto-2396.jpg
一見オシャレな本棚...のようですが、実は書斎に続くドア。
わずかなスペースも便利な収納として利用することはもちろんですが、
ただのドアより、住まう方のセンスを表現できるギャラリーのような役割を持ったドアの方が楽しいですよね。




こうして集めてみると、本当にいろいろな収納があります。
ひと昔前なら収納=あまったスペースというイメージがありましたが、現代は逆。
快適な生活をつくる重要なファクターとして収納をとらえ、自由な発想で制作していますよ。
ページの先頭へ