HOMEpagetop

  • TOP
    • 見学会・イベント・セミナーのニュース
    • お知らせ
    • メディア掲載
    • コラム
  • MESSAGEはじめての方へ
    • 光と風設計社の想い
    • 家づくりのご案内
  • LINEUPサービスラインナップ
    • 新築住宅を建てる
    • 規格住宅を建てる
    • リフォーム・リノベーションしたい
    • ”家具雑貨が欲しい
  • ALUBUM施工実例
  • 光と風家づくり学校
  • CONTENTS取り組み
    • 光と風家づくり学校
    • スタッフブログ
    • 暮らしサポート
  • VOICEオーナー様の声

ABOUT USACCESS

  • 週末いえづくり相談会
  • 間取りのすすめ
  • 見学会・イベント体験
  • モデルハウスのご案内
  • お問い合わせ
  • 採用のご案内

FACEBOOKInstagram

TOP > COLUMN

2012.01.10 Tuesday

冬の光・冬の風と気持ちよくつきあう設計

tokunaga_no_ie_17_400x266.jpg

寒さ厳しい季節。いかがお過ごしでしょうか。
これから数ヶ月続く冬を快適に過ごしていただくために、
今回は、"冬の"光と風とのつきあい方についてお話したいと思います。

冬は日照が短く、弱くなります。
また、外気が冷え込み、換気の頻度も下がりがち。
つまり、冬は、光とも風とも、つきあい方がグッと難しくなる季節なんです。

少ない日照で如何に、温かく、明るく過ごすか?
また、寒い中で新鮮な空気を家の中にどう取り込むのか?
その答えは両方とも窓にあります。
窓は光と風の出入り口。そのサイジングやレイアウトは、
「光と風設計社」と名乗る私たちの得意技の1つです。

一番気持ちよく日が当たって欲しい家族の居場所に、一番気持ちのいい窓をつくる。
風の通り道をつくるため、窓と窓の位置関係も大切です。
こうしたことに気を配ることによって、
窓を開けておける時間の少ない冬でも、
光と風を感じながら生活ができるんです。
機能や機器にばかり目がいきがちですが、
家の中に自然を上手に取り込む事が大切だと考えています。


ページの先頭へ